キングダムの裏話

桓騎について史実を交えて書いてみました。

桓騎将軍ってどんな人?

桓騎(字が実際には違いますが、この字で進めさせて頂きます)将軍は、現在、公開中のキングダムでは、かなり殺戮を冒していて、それに信が激昂するようなシーンもあります。
しかし、野党上がりとはいえ明らかに将軍としての資質を兼ね備えているように描かれています。ここでは、実際の桓騎の光と影の部分を見ていきたいと思います。
ちなみに、桓騎将軍は史記では列伝がありません。しかし、活躍は書いてあります。しかし、書いてあると言っても趙を攻めて敵の首10万取ったなどの簡略な記述に留まっています。
あの時代は、史記以外にも様々な書物がありますが、作者としては想像の部分であったりを描かなければいけないので、描く方は中々大変な武将だと思いました。

趙軍10万の首を取る

実際に史記に書いてあることなのですが、桓騎が趙に攻め込み「こちょう」という趙の将軍を破り10万の首を取ったと書いてあります。
10万と言えば、数字的にはかなり大きく趙軍の被害は甚大であることは間違いありません。他にも、王翦・楊端和と共に趙を攻めて9城などを落としたと記録があります。
これを見る限り、桓騎は史実でも優れた将軍であった事は間違いないでしょう。
しかし、やはり、趙軍にはあの男がいるわけです。趙の超名将である李牧ですね。

李牧との戦い

桓騎は、秦軍を率いて趙を攻めたのですが、李牧を相手に敗北してしまいます。やはり、10万の首を取った時の敵将は「こちょう」でしたが、李牧とは格が違うのでしょう。
桓騎は大敗北をしてしまいます。現在、連載中のキングダムではここまで行っていないのですが、桓騎は李牧に必ず敗れるでしょう。
しかし、どのようにして破れるかは、記録がほとんどありません。ただ、桓騎が李牧に敗れたと説明があるだけです。敗れた時の結末が史記と戦国策では内容が違います。
史記では大敗して敗走した事になっていますが、戦国策では討たれた事になっています。戦国策の記述を使うのであれば、桓騎は李牧に敗れて終わりでしょう。ちなみに、李牧に敗れた事は事実だと思いますが、どのようにして破れたかは記述がありません。突っ込んで行って李牧の罠に落ちて敗れたのか、それとも不運が重なって敗れたのかは分からないのです。
こういう戦いは、キングダム作者の腕の見せどころではないでしょうか?生き残ったとすると、再び、秦将として出て来てもおかしくないと思いますが、実際には、李牧に敗れた後に登場はしません。
ただし、別人物として登場する説があるのです。

樊於期と桓騎が同一人物?

これについては、そういう説があると言うわけで本当かどうかは分かりません。
その説によると李牧に桓騎が敗れた事で、秦に帰れば桓騎は罰せられる事になってしまいます。そこで、燕国の太子である「丹」に助けを求めるわけです。
太子丹は桓騎の助けに応じるのですが、その時に、桓騎は家族を秦王政に皆殺しにされてしまいます。そこで、始皇帝に復讐の恨みを持ち樊於期に名前を変えたと言う説です。しかし、樊於期が桓騎だと言う事がばれてしまい秦では燕に桓騎を渡せと言ってきます。
燕の太子丹は、始皇帝暗殺を狙っていて、その時に、荊軻と言う人物に秦王政の暗殺を依頼します。しかし、手土産を持っていかないと信用されないと言う事で、手土産として献上する土地の地図と樊於期の首を持っていく事にしました。このことを、樊於期に言うと、樊於期は家族を秦王政に殺された恨みがあるので、喜んで承諾したとも言われています。荊軻が秦王政の暗殺に挑むのですが、これは史記の刺客列伝に詳しく書いてあります。
しかし、荊軻は暗殺に失敗します。そして、怒った秦王政は、燕の攻撃を指示します。そして、燕の首都は簡単に陥落してしまいました。燕王や太子丹は逃亡するわけですが、逃亡した太子丹を斬ったのがキングダムの主人公である信だと言う説もあります。
この時代は書物によって、書いてある事が違うので、どの説をキングダムの作者が採用するのかは分かりませんが、もしかして、樊於期と桓騎が同一人物だと言う説を採用するかも知れません。
桓騎が李牧に敗れた後に、どうなるかは楽しみでもあります。樊於期説を使っても面白いかなと思いました。

メニュー

桓騎について史実を交えて書いてみました。

Copyright (c) 2016 キングダムの裏話 All rights reserved.