キングダムの裏話

戦国の七雄について、どのような歴史があったのか解説いたします。

戦国の七雄とは

キングダムの世界では、戦国の七雄と呼ばれている国々の争いを描いています。
しかし、キングダムの読者であっても、これらの国々がどのような国なのか、ほとんど知らない人が多いのではないかと思います。
そこで、ここでは解説してみたいと思います。
ちなみに、この時代は春秋戦国時代ともいわれています。春秋時代と戦国時代の分け目については、人によって違うようです。
しかし、多くの方が採用しているのが、春秋時代の大国である晋国が家臣である趙・魏・韓に分裂した時です。趙・魏・韓は最初から国だったわけではなく、ある意味新興国とも言えます。
晋国の有力者同士の戦いに勝利を収めて独立したという事です。尚、戦国の七雄とは言いますが、この他にも、魯、中山、周(王室)、宋などの国々もありました。
ただし、戦国時代初期に滅びてしまったり、小国すぎて歴史にほとんど登場しない事になってしまいます。

秦の歴史

秦国ですが、周王室が異民族に攻められて、都を鎬京から洛陽に移しました。その時に、周の平王を洛陽に入れるときに活躍しました。それにより、公国になりました。春秋時代の中期では穆王が秦の勢力を広げています。
穆王は春秋五覇に数えられる事もある名君です。しかし、戦国時代の前期は魏に圧迫されていました。戦国時代後期には考えられないのですが、魏の文候などの時代では、呉起を採用して魏に領土を奪われているのです。しかし、商鞅が秦の宰相に任命されると、法律を大胆に変えて国を強固にしていきます。
そして、魏を卑怯な方法?を使って破りました。さらに魏は、斉にも大敗した事で国力を大きく落とします。
商鞅が登場してから、秦は戦国時代の最強国に押しあがりました。昭王の時代になると、斉と秦が強い2強時代に入るのですが、燕を中心とした諸侯の連合軍に敗れ国力を大きく落としました。
そして、秦の1強時代が始まりこの辺りから、秦は軍事力・国力の両方で他国を圧倒するようになりました。昭王の時代には名将白起を採用して、他国の領土を次々に奪っています。
政が即位した時には、他の国々は単独では秦に対抗できなくなっていました。つまり、統一は時間の問題にも思えてわけです。
下手な事をしなけれが秦の統一が決定的だった時代ともいえるのです。

楚の歴史

楚という国は、中国から外れた野蛮な国として見られていました。しかし、楚と言う国は不思議な国でもあります。
最初は辺鄙な小諸侯のようでしたが、比較的早い時期に王を名乗っています。秦・斉・燕・魏・趙・韓などが王を名乗るのは戦国時代に入ってからですが、楚だけはそれよりも100年以上も前から王を名乗っています。
さらに、150年くらいに渡って支配領域を拡大させました。春秋時代に斉の桓公が覇者となるわけですが、その進出を食い止めるのが一番の目標だったとも言われています。
さらに、春秋時代の荘王の時代には中国で一番、国力があった国になっています。荘王は春秋五覇に数えられる事もある名君です。
その後、戦国時代の初期の方に魏から呉起が亡命してきました。この時の王様である悼王は呉起を宰相に任じました。
ここで、法治国家を目指した呉起は大改革をします。これにより秦を破ったり、越の国を討伐するなど様々な功績をあげています。さらに、国内でも不要な官職を無くしたりする改革をします。しかし、この改革は貴族たちの恨みを買ってしまいます。
悼王が無くなると、呉起は貴族に襲撃されて殺されてしまいます。この時に、次の王が呉起の改革を引き継げばよかったのですが、また、元の体質に戻ってしまいました。
その後、越を亡ぼすなどもありますが、どうも戦国時代に入ってからはパッとしません。懐王は、張儀に振り回されて最後は、秦に捕まり死ぬとか、頃襄王の時代には白起に攻められて首都を奪われて、首都を取り返すことが出来ずに、遷都するなどの事も起こっています。
結局、春申君なども登場しますが、結局は秦の勢いを止められずに滅亡します。
キングダムの見せ場と言えば、信が攻めてきた時に、項燕が破るくらいのものでしょうか?ただし、王翦が60万の軍勢を率いて攻めてくると、結局は破れています。
しかし、始皇帝死後に秦を亡ぼしたのは、楚だという事実があります。それを考えれば、最終的には秦に勝利したとも言えます。
尚、項羽や劉邦は楚の出身です。ちなみに、「3家になろうとも、秦を亡ぼすのは楚だろう」と言う話があったようです。
たった家の数が3つになっても秦を亡ぼすのは楚だというのは、それだけ秦に対する恨みが深かったのかも知れません。
尚、秦で活躍している昌平君はいずれ、秦を裏切るはずです。項燕が担ぎあげると思われます。キングダムでも楽しみなシーンでもありますね。

斉の歴史

斉と言う国は、春秋時代と戦国時代で君主が違います。
春秋時代の斉の君主のご先祖様は、太公望で有名な呂尚です。太公望が周から斉に封建されて出来たのが斉です。春秋時代では、桓公と管仲のコンビで春秋時代の覇者になっています。
しかし、戦国時代に入ると重臣の田氏の力が強くなり国を乗っ取られてしまいます。つまり、キングダムに出てる斉王は田氏だという事です。
斉は軍師孫ぴんの活躍などで魏を破るなどもありました。結果として国力を大きく伸ばしていきます。しかし、燕王の昭王の恨みを買ってしまい、燕の名将楽毅が率いる燕・秦・趙・魏・韓の連合軍に敗れて、2城を残して後は燕に全て取られてしまいました。
しかし、そこで燕の昭王が亡くなり、次の恵王が楽毅と仲が悪かった事もあり、楽毅は趙に亡命しました。そこで、田単の活躍もあり斉は復興します。燕に取られた城を全て取り返す事に成功したのです。
しかし、国力は大幅に落ちてしまいました。尚、田単が出た後は、特にこれと言った人物も登場せずに、最後は秦に攻められて斉王建が捕らえられて滅亡しました。
ちなみに、斉が秦以外の6国の中では最後まで残った国です。ちなみに、キングダムの主人公である信は、斉を攻めて亡ぼす事になるでしょう。

燕の歴史

燕国は、キングダムでも余り目立った活躍はありません。
劇辛などが出てきますが、大した活躍もないように思えてなりません。
李牧を追い詰めるなどもありましたが、結局は破れて殺されています。実際に燕なのですが、ご先祖様は、召公と言って周王朝が出来るときに、すごく活躍したと言われている人です。
しかし、燕の国は謎の部分が多いです。北東の辺鄙な地域だったためか、歴史に余り名前が出てきません。
ただし、昭王の時に楽毅を用いて斉を壊滅した時だけは、輝いていました。宮城谷昌光さんの楽毅と言う本に小説にして詳しく書かれています。
楽毅が斉を壊滅状態まで行ったときだけは、すごく輝いていましたよね。
しかし、田単に破れてからはパッとしません。燕の太子丹が始皇帝を暗殺しようとしたり、荊軻が刺客となって暗殺しようとするなどはありますが、国自体はパッとしない印象です。
尚、荊軻の事件に関しては、史記の刺客列伝に詳しく書いてあります。しかし、荊軻の事件に関しては、キングダムでも大きく扱われるのではないかと思います。どのように扱われるのかは今から楽しみですね。
しかし、結局は暗殺が失敗して政の恨みを買い攻められて滅亡するわけです。

趙の歴史

趙と言うのは、春秋時代の大国である晋から独立して出来た国です。独立するときの、晋陽の戦いなどは見どころがあります。
知伯の軍勢を破るのは見どころがあると言えるでしょう。その後は、武霊王が胡服騎射を採用して、国力を大幅に伸ばします。さらに、恵文王の時代には、趙奢、廉頗、藺相如がいて国を支えました。
秦の6将と戦った趙の三大天という扱いにキングダムではなっています。しかし、白起将軍が趙軍40万人を生き埋めにするなども事件もあり趙は国力を大幅に落としました。
しかし、キングダムでも登場している名将李牧の活躍もあり秦の攻勢を防いでいます。
しかし、結局は趙王のお気に入りになっている郭開が李牧が謀反を企んでいると、趙王に報告した事で、趙王は李牧を殺してしまい結果として李牧が死んで3カ月で滅びました。

魏の歴史

魏は戦国時代の初期であれば最強の国でした。魏の文侯の時代には、秦を倒し他国を圧倒していました。しかし、商鞅が率いた秦軍に敗れたり、斉に敗れたりして国力を大きく落としました。文候の孫の恵王の時代には、強国の座を秦と斉に譲っています。
信陵君が活躍した時期もありましたが、積極的に任せなかった事もあり結局は滅亡に突き進んでいます。ちなみに、キングダムの世界では、実際に活躍したような武将は魏にはいません。
魏軍を廉頗が率いたように書かれてように書かれていますが、そのような事実も一切ありません。戦国初期だけは強かったけど、それ以降は、あまりパッとしない国とも言えるでしょう。

韓の歴史

韓と言うのは、春秋時代の大国である晋から独立した国です。
ちなみに、戦国七雄の中では一番の弱小国でもあります。
さらに、隣には秦国がいますので、いつも振興に怯えていました。
戦国時代初期には、鄭を亡ぼしたり、申不害の時代には国力を伸ばすなどの事もありましたが、連戦連敗と言ったイメージが強いです。
しかし、韓非子は韓の国の王族です。
韓非子と言うのは、韓の国では認められる事は出来ませんでした。
しかし、韓非子の書物を読んだ秦王政は、いたく感服して「この者と語り合う事が出来るのであれば死んでも悔いはない」とまで言わせています。
後に秦の丞相となる李斯は、韓非には叶わないと認識していたとする記述まであります。
韓非は吃音だったともいわれていて、うまく喋れなかったとも言われています。
しかし、最終的には秦で殺されてしまいます。その後、秦は韓を攻めて亡ぼしています。ちなみに、漢の劉邦の軍師を務めた張良は韓の王族の出身だと言われています。
キングダムでも韓非子は登場するかと思いますが、どのように登場するのかは楽しみですね。

メニュー

戦国の七雄について、どのような歴史があったのか解説いたします。

Copyright (c) 2016 キングダムの裏話 All rights reserved.