その他 三国志

顔良『実はお人好し猛将だった!?』

顔良は袁紹軍において文醜と並ぶ2大猛将と考えられています。

三国志演義では反董卓連合軍において、董卓配下の華雄に連合軍の将が次々に討ち取られてしまうと「これなら我が配下の顔良と文醜を連れてくるべきだった」と嘆いた話が残っています。

華雄は、結局は打ち取られてしまうのですが、三国志演義では華雄と同じパターンで顔良も討ち取られています。

余談ですが、顔良の名前が「カオヨシ」と読めるためイケメンだと思っている人がいるかもしれませんが、正史三国志や三国志演義に顔良がイケメンだったとは書かれていません。

もちろん、三国志演義で顔良と義兄弟にされている文醜も「顔が醜かった」とは記載がないです。

今回は三国志で袁紹軍の突撃隊長とも呼べる顔良の解説をします。

 

三国志演技での顔良

三国志演義で顔良が一番の見せ所は、官渡の戦いの前哨戦である白馬の戦いで、曹操軍の将軍を次々に撃退していくところでしょう。

白馬に進軍してきた顔良を討ち取るために、曹操は過去に呂布の配下だった宋憲と魏続を向かわせますが、顔良に呆気なく討ち取られています。

獅子奮迅の活躍をする顔良に対して、当時の曹操陣営で最も強いといわれた徐晃が討ちに行くのですが、顔良に敗れ去り逃げる事になります。

ここで曹操の配下であった程昱が、関羽に顔良を討たせる様に進言すると、関羽はいとも簡単に顔良を討ち取ってしまったわけです。

三国志演義の顔良を見ると、関羽の引き立て役でしかありません。

因みに、顔良が打ち取られた事を知った文醜が顔良の仇を取ろうとしますが、関羽に返り討ちにされています。

余談ですが、顔良と文醜を討った関羽の武勇を曹操が褒めると、関羽は「自分よりも張飛の方が強い」と言った話があり、蜀の五虎将軍(関羽、張飛、趙雲、馬超、黄忠)最強は、張飛ではないかと考える人もいます。

 

正史三国志の顔良

史実だと考えられている正史三国志の顔良のお話です。顔良の伝はありませんが、袁紹伝などに名前が見られます。

孔融と荀攸の評価

官渡の戦いの前に、孔融と荀攸が顔良に対して話した内容が残っています。

孔融は袁紹は強大な領土と兵力を持っており、知謀の士として田豊、許攸がおり、顔良と文醜は三軍を率いる勇者であり曹操が袁紹に勝つのは難しいと語っています。

これを見ると、孔融は顔良を高く評価している事が分かります。

それに対して、荀攸は田豊は強情で許攸は貪欲であり、顔良や文醜は自分の武勇を頼みにするだけで将の器ではないと言いました。

さらに、荀攸は顔良と文醜であれば、一戦で討ち取れる様な事も言っています。

孔融は顔良を評価し、荀攸は顔良を酷評したわけですが、結果を考えると荀攸の答えが当たっている事になるでしょう。

顔良が具体的に、どこの戦いで活躍したのかは不明ですが、孔融の口から名前が出てくる事を考えると、当時は名前が売れていた人物だったはずです。

公孫瓚征伐などで活躍した可能性も十分にあります。

 

荀攸の進言

白馬の戦いの前に、荀攸が曹操に進言しています。

荀攸は兵士の数で劣っている曹操軍が正面から袁紹の軍と戦えば敗北するといいます。

荀攸は少数の兵を割いて袁紹の後方を伺う姿勢を見せれば、袁紹は兵を割いて西に動くと予言しました。

袁紹軍を分離させた上で白馬を攻撃すれば顔良を討ち取る事が出来ると宣言します。

曹操は荀攸の進言を受け入れる事にしました。

 

審配の苦言

袁紹は荀攸の思っていた通りに行動し、兵を割こうとします。

袁紹は白馬を攻めている淳于瓊と郭図に対応させようとしたわけです。

しかし、ここで袁紹の軍師である審配は苦言を呈します。

審配は顔良は武勇には優れているが、短気でせっかちな性格であり顔良一人に白馬を任せてはいけないと言うのです。

しかし、袁紹が顔良の武勇を高く評価していた為に、沮授の意見を却下しました。

袁紹が兵士を割いてしまうと、曹操軍は張遼と関羽を先方にして顔良を攻撃します。

この時に曹操軍は通常の二倍の速度で軍を移動させ、顔良を急襲したわけです。

顔良は慌てて応戦しますが、ここで関羽が顔良の本陣を見つけます。

関羽は自ら顔良に突撃し、顔良を討ち取る事に成功します。

これが正史三国志の顔良の最後です。

 

顔良お人よし説

呆気なく関羽に討ち取られてしまったように見える顔良ですが、「顔料お人よし説」が存在します。

関羽と親しい間柄の劉備は、当時は袁紹陣営にいました。

劉備は顔良の出撃前に「こういう人物が関羽だから、関羽を戦場で見つけたら劉備は袁紹の元にいると伝えて欲しい」と言うのです。

了承した顔良は出撃したのですが、戦場で関羽らしき人を見つけます。

顔良は兵士に関羽を攻撃しないように命令します。

関羽は急に顔良陣営が手薄になったのを感じると、一気に顔良のところまで行き討ち取ってしまいます。

顔良が劉備に言われた事を実行するために、行った事が自分の命を落とす原因になってしまった説です。

正史三国志だと関羽が自ら顔良を討ち取った話もあり、ありえない話ではないと感じています。

 

 

-その他, 三国志

© 2020 ゆっくり歴史解説者のブログ