この記事を書いた人

構成・文/宮下悠史

戦国時代(日本)

織田有楽斎(織田長益)は迷走行為が多い

スポンサーリンク

織田有楽斎(織田長益)は、織田信秀の十一男で織田信長の弟にあたる人物です。

千利休の元で茶道を学び利休十哲の一人にも数えられて、自らも有楽流の茶道を創設しています。

これを見ると、織田有楽斎は一流の文化人に思うかも知れません。

しかし、織田有楽斎の実績を見ると、かなり迷走している部分があります。

尚、本能寺の変で織田信忠に切腹を勧めたのが、織田有楽斎であり、織田家の衰退は織田有楽斎の行動で決まった部分もある様に思えてなりません。

因みに、織田有楽斎は本能寺の変だけではなく、関ヶ原の戦いや大阪の陣でも迷走感があります。

 

本能寺の変で織田信忠に切腹を勧める

織田有楽斎(織田長益)はある意味、本能寺の変のキープレイヤーであり、織田有楽斎の行動が織田家の衰退を決めたとも言えます。

本能寺の変が起きる

1582年になると、織田信長は宿敵である武田氏を甲州征伐で滅ぼしています。

それにより甲斐、信濃が領土となり大きく版図を広げたわけです。

織田家は日ノ本の戦国大名の中では、圧倒的な国力を持った存在になっています。

天下統一は時間の問題だと思っていた時に、突然、明智光秀が謀反を起こします。

世に言う「本能寺の変」という奴です。

織田信長が宿泊していた、京都・本能寺を明智光秀の軍勢が強襲したわけです。

織田信忠も織田長益も京都の妙覚寺にいて、本能寺とは、それほど遠くない位置にいました。

ここでの織田長益の進言により、織田家は羽柴秀吉に乗っ取られてしまい衰退を招くわけです。

 

二条城に籠城

本能寺の変が勃発すると、妙覚寺にいた織田信忠の所にも急使が訪れています。

一説によると、この時の急使に訪れた人物のうちの一人は、弥助といい織田信長が南蛮人から貰い受けた黒人だとされています。

本能寺の変の情報を聞いた、織田信忠は、父親である信長を救うために、本能寺に出陣する事を決定しました。

しかし、突発的な出来事だった為に、軍勢はわずか500人しかいないわけです。

さらに、明智軍は1万を超える大軍で本能寺を囲んでいます。

普通で考えれば勝ち目はありません。

この織田信忠の軍勢の中に、織田長益もいたわけです。

織田信忠が兵を率いて、本能寺に向かっている最中に、またもや急使が来ます。

それによると、「本能寺は炎に包まれて信長も自害した」という情報です。

これに対して、織田信忠は二条城に籠城して、明智光秀を迎え撃つ構えを見せます。

その時の、二条城には皇族である東宮誠仁親王や若宮和仁王(後の後陽成天皇)がいましたが、女中たちと共に御所に脱出しています。

このタイミングであれば織田信忠は脱出することが出来たわけです。

ここで織田信忠は軍議を開きますが、二条城は明智光秀の軍勢に囲まれてしまいます。

 

織田信忠に切腹を強く進言

織田信忠や織田長益は二条城に籠城したわけですが、戦況はどんどん悪くなっていきます。

この時に、織田長益は織田信忠に切腹を強く勧めたそうです。

戦国時代の逸話集である「義残後覚」にそのような記録が残っています。

さらに、織田長益は続いて自分も切腹するとも言ったそうです。

ここにおいて、織田信忠は「雑兵に捕らえられて最後を遂げるよりは切腹して果てよう」と意を決したとも言われています。。

ただし、この時に死を覚悟した、織田信忠は圧倒的に不利な状況にいながらも、奮戦した記録が残っています。

しかし、多勢に無勢であり、さらに二条城にも火が放たれて落城が目の前に迫ってきたわけです。

これを見た織田信忠はここにおいて、潔く切腹して果てたわけです。

ここにおいて、織田家の正当な後継者である織田信忠が死んでしまい、後継者問題に発展する事になります。

 

織田長益は逃走する・・。

普通であれば織田長益は、織田信忠に続いて切腹するのが当たり前とも言えます。

自分で織田信忠に切腹を勧めておき、さらには自分も追って切腹すると、宣言したからです。

しかし、ここにおいて織田長益は特異な行動を取ります。

ある記録によると、織田長益は切腹するための、準備を始めたとされています。

周りに柴を高く積み上げて、自分が切腹した後に、部下が火を着けるという手順です。

柴を積み上げて、家来が離れた時に、ふと気が付くと「敵も味方もいない」という状況に気が付きます。

そこで織田長益は「ここで死ぬのは犬死」と言うと、脱出を決意して、逃走を図ります。

二条城を駆け抜けて、明智軍にも遭遇しなかったのか、一般人の振りをしたのかは分かりませんが、見事に逃走に成功します。

逃走できるのであれば、最初から織田信忠と逃走すればよかったわけです。

それをせずに、織田長益が一人だけで逃走して安土城を目指したとされています。

その事から、京都で下記の歌が流行ったそうです。

「織田の源五(織田長益)は人ではないよ、御腹召せ召せ、召させておいて、我は安土に逃げるは源五、むつき二日に大水いでて、織田の源なる名を流す」

つまり、織田信忠に切腹を進言しておいて、自分は逃げてしまうなんて、人間として最悪だと謡われている事になります

本能寺の変で、織田長益は死にはしませんでしたが、不名誉な事をしてしまったわけです。

織田長益の人生を見ていると、ちょっと変かな?と思う所が数多く見受けられます。

それらは、関ケ原の戦いでの失言?や大阪の陣でも発揮されるわけですが・・。

 

織田長益が織田家を衰退させた

本能寺の変で、織田信長は横死しました。

織田信長は、厩が明智軍に占拠された事で逃げるのが難しかったのかも知れません。

さっさと撤退を決意して雑兵に変身して、逃げれば可能だったのかも知れませんが・・・。

織田信忠の場合は、逃げようと思えば逃げれる立場にいたわけです。

最初から逃走していれば、高確率で助かったのではないでしょうか?

しかし、寡兵で二条城に籠り、さらに織田長益の進言により切腹してしまいました。

織田家の大御所ともいえる信長と名目上ではありますが、家督を継いだ信忠が同時に死亡してしまったわけです。

明智光秀は、その後、中国大返しにより帰って来た羽柴秀吉に山崎の戦いで討たれています。

その後、羽柴秀吉、柴田勝家、丹羽長秀、池田恒興、織田信雄、織田信孝らで清須会議が行われる事になりました。

織田家の家督は、織田信忠の息子である三法師(織田秀信)がわずか3歳で織田家を継ぐことになります。

その後、羽柴秀吉が賤ケ岳の戦いで柴田勝家を滅ぼすなど、織田家よりも上の実力者となっていきます。

さらに、元服した織田秀信も秀吉の臣下扱いとなったわけです。

このように本能寺の変の後は、羽柴秀吉(豊臣秀吉)が着実に実績を積み上げた事で、最後は天下人になりました。

しかし、織田信忠が生きていれば、秀吉の天下が訪れたかは分かりません。

歴史にIF(もしも)が無いといいますが、もしかして、織田信忠が生きていれば違った展開を見せた可能性は十分にあるでしょう。

本能寺の変で織田信長と織田信忠が同時に死んでしまった事で、織田家の家臣が実権を握る状態になって行ってしまいました。

それを考えれば、織田長益は織田信忠に対して、切腹ではなく逃走を勧めていれば、歴史は変わったのではないかと思います。

しかし、織田家は本能寺の変で完全に「コケてしまった」感が強いです。

それを考えると、織田長益の切腹を進言するのは、後の歴史に大きく影響を及ぼしたと言えるでしょう。

 

本能寺の変の後の織田有楽斎

明智光秀が起こした本能寺の変終結後は、織田長益は織田信長の次男である織田信雄に仕えています。

山崎の戦いで明智光秀を破った羽柴秀吉は、賤ケ岳の戦いで柴田勝家を破るなど着実に勢力を固めていきます。

本能寺の変で織田信長と信忠が同時に亡くなった事で、先にも述べた様に織田家は衰退の道を歩みました。

豊臣秀吉の小田原征伐が終ると、織田信雄は国替えの命令をされています。

しかし、先祖代々の尾張の地などを手放したくないといい、織田信雄は国替えを拒否したため改易されてしまうわけです。

織田長益は主君である織田信雄が改易された後は、豊臣秀吉の御伽衆になります。

 

 

関ヶ原の戦いでの空気が読めない態度

織田有楽斎は関ヶ原の戦いにも寡兵で参戦していますが、ここでも空気が読めない態度を出してしまいます。

関ヶ原で東軍として参加する

豊臣秀吉が1598年に京都の伏見城で亡くなっています。

すると、織田長益は五大老の筆頭である徳川家康に接近したようです。

そういう縁もあり関ヶ原の戦いでは、東軍として参加しているわけです。

関ヶ原の戦いは、謎が多い戦いとされています。

石田三成が西軍の首謀者ではなかったとか、毛利輝元は積極的に動いていた事、宇喜多秀家が総大将だった?など、様々な事が言われています。

しかし、織田長益に関しては、次のような事があったと伝えられています。

織田長益は、寡兵でしか関ケ原に参戦する事が出来ませんでした。

それでも、450人の兵士を率いて、奮戦しています。

息子である織田長孝は敵将を討ち取るなど活躍しているわけです。

小早川秀秋の寝返りにより、大谷吉継の部隊が崩壊してしまう事で、関ケ原の戦いでの決着がほぼ決まりとなりました。

織田長益からして見れば、関ヶ原の戦いでの勝利により大名に返り咲けるかも知れませんし、恩賞に大きく前進したわけです。

しかし、ここで織田長益の前に、蒲生頼郷が立ちはだかります。

 

蒲生頼郷が単騎で突撃を掛ける

蒲生頼郷ですが、名前を聞いてピンときた人は歴史に詳しい人ではないかと思っています。

かつては会津92万石を領していた蒲生氏郷の家臣で、活躍が認められて「蒲生」姓を賜った武将です。

蒲生家は、蒲生氏郷が亡くなると蒲生秀行が跡を継ぎますが、蒲生騒動が起きてしまい、それにより宇都宮12万石に減封移封されています。

蒲生頼郷は、その後は石田三成に仕官して、蒲生真令とも言われています。

尚、蒲生真令は知勇兼備の名将とも呼ばれていたそうです。

石田三成は島左近だけではなく、有能な人物を配下に集めていた事の表れでしょう。

ちなみに、蒲生頼郷は織田長益とは面識があり旧知の仲だったとも言われています。

蒲生頼郷は西軍として関ケ原に参加していたわけですが、敗戦が濃厚となってくるわけです。

すると、蒲生頼郷は武士の意地を見せるために、単騎で東軍に突撃を決行しました。

関ヶ原で敗戦が決まった後に、突撃を掛けると言うと、島津義久や豊久の中央突破を思い浮かべる人が多い事でしょう。

しかし、実際にはメジャーな武将ではなくても、蒲生頼郷も単騎で突撃を掛けているわけです。

ただし、島津義弘らの島津の退き口は撤退する為の突撃ですが、蒲生頼郷は死に場所を探しての突撃です。

これを織田長益が蒲生頼郷を見つけてしまうわけです。

 

蒲生頼郷に上から目線で降伏勧告・・。

織田長益は、蒲生頼郷に近寄っていくといきなり「我にくだれ!」と上から目線で傲慢に言ったともされています。

死ぬ気の蒲生頼郷に対して、織田有楽斎は降伏勧告したとも言えます。

蒲生頼郷は死ぬ気で突撃を決行しているわけで、この言葉に切れてしまうわけです。

蒲生頼郷は「これは何の譫言(うわごと)を吐くや」と言うと、怒って織田長益に斬り掛かってきたわけです。

蒲生頼郷は、織田長益に斬り掛かりますが、惜しくも体をかすめただけで、殺傷するまでには行きませんでした。

しかし、代わりに馬が斬られてしまい織田長益は落馬してしまいます。

そこを蒲生頼郷が斬り掛かるわけですが、落馬したのをみた織田長益の家臣である千賀文蔵・文吉兄弟が助けに入ります。

これにより蒲生頼郷は討ち取られてしまったようです。

もちろん、千賀兄弟の活躍により、織田長益は助かります。

 

千賀兄弟は織田長益を助けに入ったわけではない?

織田長益ですが、蒲生頼郷により落馬した時に、千賀兄弟は助けに入ったのではないとする話が残っています。

千賀兄弟は、落馬したのを見て、織田長益は死んだと思って、仇討ちの為に蒲生頼郷に飛び掛かったとする説です。

つまり、普段から運動音痴で武芸に優れない織田長益を見ていたので、落馬した瞬間に死んだと思った話があります。

しかし、これが功を奏し蒲生頼郷にすぐに攻撃に入った為、織田長益も助かったのでしょう。

逆に、織田長益を助けようとしたら、織田長益は殺されていた可能性もあるかと思いました。

織田長益は家臣にも、武芸の弱さを認められていた話となります。

ちなみに、千賀兄弟ですが、蒲生頼郷の首を取る役目は主君である織田長益に譲ったともされています。

つまり、瀕死なのか、既に死んでいたのか分かりませんが、首を取る役目だけ譲ってもらう所が、どこか情けなさが残るように思えてなりません。

普通であれば千賀兄弟に取らせてあげて、手柄にさせてあげればいいのではないか?と思うんですけどね・・・。

それか織田長益の事ですから、「首は俺に斬らせろ」と言った可能性もあるかと思いました・・。

 

空気の読めない言葉は価値観の違いなのか?

織田長益が関ヶ原の戦いで、蒲生頼郷に言った「我に降れ」という言葉は空気が読めない様にも感じます。

「花の慶次」という前田慶次(利益)を主人公にした漫画がありました。

前田慶次であれば、蒲生頼郷に突撃を見た時に、全力で相手をするか「死なせたくない」と思い手を打つ事でしょう。

前田慶次であれば、蒲生頼郷の気持ちを理解できるのではないかと思いました。

しかし、織田長益の場合は「本能寺の変」で織田信忠に切腹させておいて、自分は逃走した過去があります。

勝敗が決したのに、突撃を掛けたりするのは犬死だと考えたのではないかと思います。

その考えから出た言葉が「我に降れ」という言葉だったようにも感じました。

織田長益の考えでは「自分だったら、ここは絶対に降伏だ」という考えがあり、高圧的に「我に降れ」と言ったのかも知れません。

「お前は降伏するしか助かる道はないだろう」という上から目線での言葉だった可能性もあるでしょう。

人というのは、相手の価値観を理解できない部分もあるはずです。

そこが空気が読めない発言に繋がったのかも知れません。

 

 

豊臣秀頼に仕える

関ヶ原の後は、多くの武将が徳川家康に仕える事になったわけです。

しかし、関ケ原の戦い以後も、織田有楽斎は豊臣家に仕えています。

豊臣秀頼の母親でである淀君は、織田信長の妹お市の娘です。

織田有楽斎は、信長の弟にあたる人物なので、淀君とは姪(めい)に当たる事になります。

さらに、知行地が大和にあるため大坂城と近かったのも理由として上がるでしょう。

徳川家康も織田有楽斎に、関ケ原後に領土を与える時に「こいつだったら豊臣家を勝手に乱してくれるかも知れない」と思い配置した可能性もありますが・・。

 

大坂の陣で見方から相手にされなくなる

織田有楽斎は大坂の陣の頃には、大坂城内にいた話があります。

大河ドラマ真田丸では豊臣方のスパイになっていましたが、実際には総大将の位を望んだ記録もあります。

大坂の陣では徳川方のスパイだった?

織田有楽斎は、大坂の陣が始まると、大坂城に入城しています。

そして、豊臣方と徳川方の交渉役を務めたわけです。

大野治長や織田有楽斎は穏健派だったとも言われています。

しかし、一説によると徳川方と交渉をしながらも、大坂城の情報を徳川方に流していたとも言われているのです。

つまり、織田有楽斎は徳川方のスパイとして参戦したとする説もあります。

以前に、NHK大河ドラマで真田丸というのがありました。

そこでの織田有楽斎は、完全に徳川方のスパイとして描かれていたのが印象的でした。

さらに、スパイでありながらも調子いいような事ばっかり言ったりして、かなりウザい人物になっていました。

結局は、真田幸村らに見破られてしまい織田有楽斎は大坂城を退去しています。

しかし、大坂城を退去した理由は、「スパイだったからではない」とする説もあるわけです。

 

誰も相手にしてくれないから大坂城を去った

織田有楽斎ですが、「誰にも相手にされなくなって大坂城を去った」とする話もあります。

事実、織田有楽斎は大阪夏の陣の前に、「誰も自分の事を聞いてくれないから去る」といい大坂城を去った話があるわけです。

実際に、去っているわけですから、引き留める人は誰もいなかったのかも知れません・・。

織田有楽斎は、関ケ原の戦いでも空気が読めない発言をしていますし、余りにも空気が読めなくて周りから嫌われてしまったのかも知れません。

織田有楽斎の息子である織田頼長は強硬派だったとも言われています。

さらに、織田頼長は大阪方の総大将の位を望んだ話も残っているわけです。

このような発言が周りから白い目で見られるようになり、ついには退去に繋がったとする説です。

他にも、本能寺の変の時に、織田信忠(信長の後継者)に切腹を勧めておきながら、自分は逃亡しています。

この時点で、周りの人から信用がなく、大坂方でも浮いていた可能性もあるでしょう。

これが敵前逃亡になるのかは、分かりませんが、戦国の最終決戦である大坂の夏の陣ではいなかった事だけは間違いないようです。

大坂夏の陣では、真田幸村、毛利勝永、長宗我部盛親、後藤又兵衛などが奮戦しますが、結局は大阪方は破れて豊臣秀頼も自害しました。

しかし、織田有楽斎や織田頼長は大坂夏の陣の前に、大坂城を出た事で命拾いしています。

その後は、茶道をして余生を全うしたようです。

 

武将としては使えなかったと思う

織田有楽斎ですが、武将としては二流以下ではないかと感じています。

しかし、茶道などに関しては、利休十哲に入るなど教養の高い人物だった事も分かっています。

さらに、茶道では自ら有楽道という流派を作り出して、今に繋がっているわけです。

織田有楽斎は空気が読めなかったり、人としてどうなの?という部分もありますが、一流の文化人だった事は間違いないでしょう。

尚、現在の東京では有楽町という地名がありますが、有楽町の「有楽」は、織田有楽斎の大名屋敷があったからだそうです。

さらに、大坂にもかつては「有楽町」という地名があったともされています。

これを考えると、武将としては使えないかも知れませんが、文化人として世間に与えた影響は大きいのではないかと思っています。

茶道に関して言えば、徹底的に極めたと言えるのではなかと考えています。

やはり、人には向き不向きがあり得意な事をやれば一流になれるけど、苦手な事をやっては迷走するばかりだと言う事なのでしょう。

それでも、織田有楽斎は本能寺の変、関ケ原の戦い、大坂の陣を生き抜いた武将と言えるのではないかと考えています。

大坂の陣と言えば、真田幸村が異常に目立ちますが、薄田兼相(すすきだかねすけ)が遊郭に行っている間に、砦が陥落するなど戦い以外の部分にもスポットライトを当ててみると面白いと感じました。

因みに、上記は織田有楽斎が築城を始めたのに断念したとされている大草城です。

築城したのに途中で頓挫する辺りが織田有楽斎らしいとも言えますが・・。

スポンサーリンク